新宿駅でのアルミ缶爆発事件!恐怖…缶の中身は何?どんな液体やモノが入っていたのか…?

※追記情報アリ!!※

ただのイタズラなのか…?実験をしたかったのか…?新宿駅といえば一日の乗降客数が世界一と言われていますよね!やはり狙ったのでしょうか?液体の中身はなんだったのでしょうか??すごーく気になりますね!

さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

事件の概要は?

JR新宿駅でアルミ缶の中に入っていた液体が周囲に飛び散り、近くにいた20代の女性が軽いやけどをしました。警視庁が傷害の疑いで捜査しています。

26日午前5時半ごろ、JR新宿駅で「缶が破裂した」と駅員から110番通報がありました。警視庁によりますと、駅のホームにつながる階段にあった500ミリリットルのアルミ缶から液体が飛び散り、近くにいた20代の女性の左足や服にかかったということです。女性はやけどをしましたが、軽傷です。直後に撮影された写真ではアルミ缶にラベルなどは貼られておらず、周囲に白い泡のようなものが飛び散っています。警視庁は、アルミ缶が持ち込まれた経緯や液体の成分を詳しく調べるとともに傷害の疑いで捜査しています。
ANNニュースより引用

眠らない街…新宿!新宿駅は早朝でもかなり人が多いと思われます。人が多いと何をするにも目立ちませんよね。最近は新宿駅で女性にぶつかっていく男性がいる事件もありましたし、これじゃあ、新宿駅に通勤している人たちは、毎日コワイ思いをしていることでしょう!!

容疑者は?

現在、警察が捜査中のようです。早く真相が知りたいですよね!わかり次第に追記したいと思います!!

事件の詳細は?

【事件発生日時】

2018年8月26日(日曜日)早朝5時30分ころ

【事件発生場所】

新宿駅:14番線ホーム(山手線内回り)

【被害者】

20歳代の女性が軽いやけど。病院に搬送されたようです。

【清掃スタッフの声】

8月26日(日曜日)夜中1時頃の終電の後、付近を掃除した際には不審物などは見当たらなかった。

爆発したアルミ缶の中身は?モノは?

【どんな缶?】

ラベルのついていない、500mlのアルミ缶ボトル形

【缶の状態は?】

缶底の一部がへこみあり、破裂はしていなかった。缶のフタは本体の近くに落ちていた。時限爆弾の装置やリード線などはついていない。

【中身の液体は?】

無色透明の液体。成分などについては捜査中のもよう。

缶はかなりへこんでいますね……。

突然バーーーーんという音がして、周囲に飛び散ったもよう。しかし臭いはなかったとの証言あり。

※液体の成分が判明しました!※

洗剤成分と同一の、アルカリ性だったとのこと。放射性物質や、可燃ガスではなかったようでテロではないとみられている。

なお、現在防犯カメラの確認中とのことでアルミ缶がなぜ、14番線ホームにあったのか?を詳しく調べている様子です。

スポンサーリンク

ネットの声


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする