女子力アップ!プチ湯治。

NHK総合「所さん!大変ですよ」で、橋本マナミさんが【現代湯治】を紹介していましたね。

ここ2、3年前頃から【プチ湯治】という言葉も聞くようになりました。

プチ湯治だったら2、3日でも!

会社からの長期休暇は難しいかも?ですが、2泊3日位なら気楽に行けそうですよね!

現代社会は様々スピードが速くて、心身ともにエネルギーをたくさん消費しています。

森や、山、海など大自然の中に身を置いて、リラックス♪
時には、日常から離れてゆっくり過ごし、カラダとココロを癒しませんか?

そもそも湯治とは、薬湯で治療すること。

怪我や病気を、温泉に入って治すことですね。医学的に認められた医療法とのことです。
従来は少なくとも1週間前後は温泉地に滞在して治療していました。

湯治利用人気の温泉!Best5♪

楽天トラベルさんが発表していました!

1位:酸ヶ湯温泉旅館(青森県)

2位:四万温泉(群馬県)

3位:大沢温泉(岩手県)

4位:藤三旅館(岩手県)

5位:草津温泉 お宿 木の葉(群馬県)

東北地方と群馬県が人気のようです。

所さんの番組で放映していたのは、2位の群馬県:四万温泉でしたね!

四万温泉は、国民保養温泉地第一号とのことですよ。

コラーゲンたっぷり!?

四万温泉って、天然の保湿成分たっぷりの《メタケイ酸》というものが通常の3倍以上ですって!!メタケイ酸は、胃薬にも使われているそうですよ。

メタケイ酸と、温泉に含まれているカルシウムとの作用で、お肌つるっつるっ♪♪
女子としては、行かないわけいかないですね!!!!

《源泉蒸し風呂》もあるそうで、ドライサウナが苦手な人でも天然のスチームサウナだと長く入っていられそうですね。
そこの鼻詰まりのアナタ!効果テキメンかも!?蒸し風呂は、呼吸器系にもよいそうです。

そして、温泉の次は食事の楽しみ♪

【四万たむら】さんでは、あの、タニタさんと共同開発メニューの《湯治懐石》があるそうです。カラダに優しくて、60兆個の細胞たちも喜びそうですね♪

口から入ってくるモノでカラダはつくられるわけです。

日本の和食ってやっぱり素晴らしいと思います。

東京駅からの直行バスも出ているとのことで、楽ちん♪

電車だったら、東京駅からおおよそ3時間弱くらいですね。

筆者はやはり電車派です!空いている電車で行きたいです。そして『ひとり旅』

ひとり旅は、自分のペースで、自分のココロとカラダのおもむくままに。

新しい年に向かって、浄化と癒しの旅に行きたーい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする