漁師3兄弟とともに生きる!『ももいろペリカン:ガー君』

動物好きの人にはたまらない番組、日本テレビの『天才!志村どうぶつ園』

『ももいろペリカン:ガー君』と漁師3兄弟は、なんと20年以上も一緒ですって!!

スポンサーリンク

ガー君は、漁師3兄弟をペリカンだと思っている?!

20数年も前に、千葉県印旛沼に突然やってきた?!ももいろペリカンのガー君。

動物と話せるハイジが、ガー君の思いを読み取ったぞ。

(ハイジとは、米国出身の元:優秀な警察官だったらしい。度々テレビに出演されている方です。)

ガー君は、疲れたカラダを休めるために、外国で貨物船と思われる船に乗ったらしい。

そこでどうやら眠ってしまったよう。

巡りめぐって印旛沼に着いたのね。ペリカンは暖かいところを好むので、ガー君もぴんっ!

とくるものが印旛沼にあったのかしら…?


出典;印旛沼 (トリップアドバイザー提供)

歩く姿、たまらなく可愛いですね♪


出典;印旛沼 (トリップアドバイザー提供)

ガー君は、船首部分が好きらしい。


出典;印旛沼 (トリップアドバイザー提供)

『お腹すいたよ~。』漁師さんから新鮮ぴちぴちな魚をもらうところ。

スポンサーリンク

ガー君は、さらにハイジに伝えた!

ガー君が、印旛沼の漁師3兄弟のそばにいる理由…。

なっ、なんと!漁師3兄弟を自分の仲間『ペリカン』だと思っているよう(笑)

そもそも、ペリカンは群れで協力して魚たちを囲み、大きなのど袋ですくい取るのです。

漁師3兄弟はぴったり呼吸をあわせ、たくさんの魚をつかまえる凄腕のペリカン?だと!

見込んだようですよ!(笑)

本当は、暖かいところまで一緒に飛んでいこう!って言ってるらしいガー君。

そっか~!仲間だと思っているからずっとそばにいるわけね!


印旛沼 (トリップアドバイザー提供)

☆ももいろペリカン豆知識☆

生息地:アフリカ、ヨーロッパ南東(ルーマニアやブルガリアなど)

アジア南西(インド、スリランカ、バングラデシュなど)

名前の由来:普段は、真っ白なのですが繁殖期だけ羽が桃色になるそうですよ♪

その昔、幼稚園に通う『ももいろペリカン:カッタ君』

ガー君の他にも人間と仲良しだった、ももいろペリカンがいたことを見つけましたよ!

山口県宇部市にある『ときわ公園の動物園』には、1967年、インドからやってきた『ももいろペリカン』10羽がいました。

その後、1985年人工孵化によって誕生したのが『カッタ君』!

なんと、空から幼稚園に通園していたそうですよ。


出典;ときわ公園

カッタ君は、人間を本当に信じていて、子どもたちが触っても、背中に乗っても、全然大丈夫だったそうですよ。

カッタ君は、自分を人間だと思っていたのかもしれませんよね。

小さい頃から、動物や鳥たちと触れ合う機会を持つのはとても大切なこと。

弱い生きものを守る気持ちや、生きものとして皆、例外なくやがて迎える死。

自殺大国と言われているわが国、日本。そして、イジメの問題など。

ひとつの命は、数多のご先祖様からずっとずっと繋がれてこの世に誕生する。

本当に、ものすごい奇跡。

自分の命を大切に。そして、周りの小さな生きもの達の命のことも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする