珈琲ブレイクよりも、みかんブレイク。デスクdeミカン。

たとえば、「一日にコップ3杯」しか水を飲まない人は

「一日にコップ6杯以上」水を飲む人と比べると、5%くらい物忘れが多くなるそう!!

水分がアタマの働きにすごくかかわっていること、知ってました?

いまが旬の、水分たっぷり『みかん』に注目してみましたよ。

デスクdeミカン♪の取り組み

若者を中心に、くだもの、野菜不足が心配されています。
現在、みかんを一番食べているのは中高年ですって!

そこで「NPO法人青果物健康推進協会」というところが、学校や、会社で「みかん」を食べてもらう取り組みをしているんです。

名づけて『デスクdeミカン』

会社の健康診断で「メタボ気味」診断されてしまったアナタ!

お菓子より、みかんにチェンジしてみませんか?

こたつに入って、みかん♪

ひと昔前は、寒くなれば皆で「こたつでみかん」があたり前の風景でしたよね。
現在は、「こたつ」を利用している家庭がだいぶ少なくなったようです。
マンションなどであれば、エアコン完備ですしね。

約40年前と比べると、最近のみかん出荷量は、おおよそ5分の1程度しかないそうですよ。

みかんの歴史は?

普段、皆さんが『みかん』と言っているものは『温州(うんしゅう)みかん』であり、種無しですね。

温州みかんは日本生まれだそう。400年ほど前に中国から伝わってきた『柑橘』の種から偶然に発生したと考えられているそうですよ。

本格的に温州みかんがつくられるようになったのは、明治に入ってからとのこと。

なんと!老化防止の効果もあるミカン!

みかんの『βクリプトキサンチン』の含有量は、果物の中でも素晴らしく多いんですよ♪

年齢とともに増えていく『活性酸素』から、カラダを守ってくれるのが、そう!『抗酸化物質』なんですね。

『βクリプトキサンチン』は、抗酸化物質なんですって!

もう、旬のみかんを食べるしかない!!

みかん検定があるんですって!

『みかん検定』には筆記試験と実技試験があって、実技試験では『みかんジュース』を飲み比べて、どの種類のみかんから作られているかを当てる問題が出るそう!

筆記試験も難しそうなんですけど…。一例をあげると…。

☆みかんの花びらは何枚か?
① 4枚 ② 5枚 ③ 2枚 ④ 8枚

☆みかんを缶詰にする際、薄皮はどのように処理しているか?
① お湯に浸す ② 天日干ぼし ③ 塩酸処理 ④ 冷凍

☆愛媛県は1970年より何年連続みかんの出荷量が1位だったか?
① 3年 ② 12年 ③ 34年 ④ 継続中

☆みかんの苗木を植えてからみかんが本格的になり始めるのはいつか?
① 1~2年 ② 4~6年 ③ 10年頃 ④ 15年頃

出典;愛媛県八幡浜高校 商業研究部

みかん好きの人は、検定試験を受けてみるのもいいかもしれませんね?!

乾燥している今の季節に最適のみかん♪

ただし、みかんはカラダを冷やすので1日に2個から3個をいただくのが適量かもしれませんね。ビタミンCも取りすぎると下痢になる場合もあるとのことで、お腹の弱い人は気をつけて!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする