電線から火花が!!名古屋・東海地方で続々と発生!

私たちの生活に重要なライフラインのひとつ『電気』

外の『あちこちの電線で火花が散っていたら…?!』

外にいるだけで、感電しそうな気になります(笑)いや、笑っている場合ではありません?!

スポンサーリンク



~事故の概要は…?~

3月5日(月)名古屋市の南部などで、電線から火花が出る現象が相次ぎました。

これまでにけが人や建物に燃え移るなどの被害は確認されていませんが、一体、なぜ火花が発生したのでしょうか。

電線から立ち上る白い煙。

「7時頃にバシーッて音がして、向こうの裏まで明るくなったからすごい光だった」
(住民)

名古屋市の南部や愛知県の知多地域などで相次いだ「電線から火花が出た」という通報。

中部電力によりますと、5日午前7時ごろから午後4時までの間に東海3県でおよそ40件が確認されています。

CBCより引用


CBCより引用

なんだか白い粉にも見えますね。

一瞬、「なにごと…?」って感じるかもしれませんよね。


CBCより引用

こんなの見たら、一目散に逃げ出しそうです(笑)

……不謹慎ですな。失礼しました!

近所の住民の方の話では「向こうの裏まで明るくなった!」とのことだったので、もしかして雷?って思った方もいたかもしれません

~昨年も、同様のできごとが!~

「電線から火花」といえば、去年9月にも静岡を含む東海4県で、およそ230件が確認されたことも。
この時原因となったのは、台風。

強風で飛ばされた海水が電線の表面に付着。

これが、2日後に降った雨で水に溶け出し電線の劣化した部分に入ったことでショートを引き起こしたのです。


CBCより引用

昨年9月は、名古屋あたりで電線からの火花がたくさん確認されたようです!


CBCより引用

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県と4県で「約230件」も電線から火花ですから、かなり多いですよね!

で、昨年の火花の原因は台風だったとのこと。


CBCより引用


CBCより引用

東海地方の南側は海ですね。台風の強風で飛ばされた海水が電線の表面に(塩分が)付着したと!!


CBCより引用

その後の雨などが原因で、水分を含むと電流が漏れる事象が起こるそうなんです!!

スポンサーリンク



~今回火花の原因は…?~

今回は「春一番が吹いたこと」かもしれないんですって!

強烈な南風が、海水を運んだ可能性が?!


CBCより引用

対策としては、劣化した電線を早く交換することが重要らしいです!


CBCより引用

いまのところ、怪我人や火事などは確認されていないとのことでひと安心です!

が、大きな事故にならないうちに、電気工事の皆さま、電線の取り替えをよろしくお願いいたします!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする