来年には!認知症の兆候をネットで簡単に分かる方法がスタート!

ゆくゆく『10人に1人が認知症』の時代へ…?!

認知症になるかも?の前ぶれが簡単な方法で分かるとしたら…

………簡単だったら、テストやってみたい?!

スポンサーリンク



簡単な方法ってどんな方法?

専用サイトからログインして、【画面上の様々な場所にリンゴが10個ほど現れるので、それをできるだけ早くクリックやタッチしていくだけ】で測定できるというスグレモノだそう!

このあと、実証試験をおこない来年2019年1月からサービス開始予定とのことです。

今後は【目の動きなどからも】測定できるよう、どんどん新しい開発に意欲を燃やしているそうですよ!

このテストは、北海道にあるビーム・オンという会社が開発したそうです!

現在は、どんな検査(テスト)で分かる?

現在の認知症の検査といえば、病院などへ行き【問診や脳の画像検査】などが一般的ですね。

あと、有名なところでは【長谷川式認知症スケール】というのもありますが、あくまでもこのテストは補助的なものとして使われているとのことです。

現在のテストや検査は、認知症の前ぶれが分かるというより「認知症を発症したかどうか」の検査だと思うんです。これではある意味手遅れだと思いませんか?

発症してからでは、ショックも大きいですよね。。。

認知症の現状はどうなのでしょう…?

2010年の時点では、認知症の高齢者(65歳以上)は、おおよそ280万人と言われていましたが、2020年には410万人程になると推定されています。

ニッポンは超高齢化社会になるわけですから、ある意味当然の数値なのかもしれません。そして、64歳以下の「若年性認知症」の人も4万人近くと推定されているそうですよ!

「若年性認知症」の場合は、本人や家族も、まさか認知症だとはなかなか考えないかもしれません。ちょっとした「ど忘れ」とか「忙しくてうっかりしていた」程度と考えそうですよね。

スポンサーリンク



なんと言っても、認知症になりたくないですよね!!

いくら簡単なテストで【認知症になる兆候がわかる】と言っても、とにかく認知症にならないようにすることが大切ですよね?

食事や適度な運動ももちろんだと考えますが、やはり「脳みそのトレーニング」が最大のポイントなのでは!と思います。

「脳みそのトレーニング」にも色々ありますが…♪

☆パズルをやる!(定期的に)

☆読み物を音読する!

☆日記を書く!

☆新しい趣味にチャレンジする!

☆人間と会話をする!!

~まとめ~

やはり、一番は「人間との会話」だと思いませんか?

昨今は、人間関係も希薄になってきています。

カフェで彼氏と彼女が向き合ってスマホをいじる…って?よく見る光景ですよね(笑)

個人的にはものすごくサミシイと感じてしまうのですが。。。

皆さんはどうでしょう??

だってスマホに頼ってると、漢字が書けなくなりますよね!

これも、脳みそを使わないひとつの大きな原因になると思っている人も多いでしょう。

便利すぎるほどの世の中ですが、すこしアナログなところも楽しみましょう♪

結果的に、脳みその衰えを防げるかもしれませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする