ギョギョ!猛毒殺人ダコに、オニダルマオコゼ。ウキウキゴールデンウイーク中の注意事項!!


ANNニュースより引用

さかなクンもきっと仰天?!の殺人ダコ?が見つかったそう!

絶対に!絶対に!!絶対に!!!触らないで~~~(危)とのこと。

さっそく見ていきましょう!!

スポンサーリンク

殺人ダコとはなんぞや?

 青い斑点がひときわ目を引くタコ。猛毒を持ち殺人ダコとも呼ばれる危険な海洋生物が先週、長崎で発見されている。海岸で釣りをしていた男性が偶然、釣り上げたという。行政は絶対に触らないようにと注意を呼び掛けている。絶対に触ってはいけないタコとは一体どれだけ危険なのだろうか…。現在、ヒョウモンダコなど海の危険生物を展示しているしながわ水族館で実物を見せてもらうと…。体長は10センチほどで縮んでいると小指と比べても小さいのだが、侮ることなかれ。その唾液にはフグと同じテトロドトキシンという猛毒が含まれている。今回は長崎で発見されたヒョウモンダコ。しかし、関東でも油断はできない。温暖化の影響で海水温が上昇していて、千葉でも見つかっているという情報がある。
ANNニュースより引用

名前は「ヒョウモンダコ」

「ヒョウモンダコ」は、刺激などを受けると【鮮やかな黄色になると同時に蛍光ブルーのヒョウ柄が浮かび上がる】という特徴をもつので『豹紋(ひょうもん)』の名前がついたようです。

そしてそして、「フグと同じテトロドトキシン」という有名な毒素を持っているのだとか!

でも、見てください。人間の小指の長さとほぼ同じですよ!こんなに小さいのに!


ANNニュースより引用

今回見つかったのは、長崎県諫早市ですが関東にもいるかもとか…?!


ANNニュースより引用

さらに強烈な「オニダルマオコゼ」さんが…?

ゴールデンウィークに海に行こうと考えている人に注意が必要なのが、オニダルマオコゼ。背びれに強烈な毒を持っている。毒に感染すると激痛に襲われ、過去には死亡する事故も起きているという。
ANNニュースより引用

この岩に見えるのが、なっなっなんと魚ですって!これがオニダルマオコゼだそう!

まさか、これが魚とはね~。しかも、食べたら結構美味というウワサですよ。


ANNニュースより引用

スポンサーリンク

ネットのみんなの声!

オコゼは毒持ってるって分かってても
あれだけ岩に似てたら、水中のを見分けるのは無理だろうね
yahoojapanニュースより引用

海水浴に行けない人が増えそう
yahoojapanニュースより引用


スポンサーリンク

まとめ

やはり自分や家族を守るためにも、充分に情報を調べたり、万が一の時のことも考え「刺された場合の応急処置」もしっかり頭に入れて、楽しいゴールデンウイークを過ごしましょうね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする