機密文書が束で道路に散乱!!ありえへんわ~どうなってんの~??

昨今は、ありえんことが、ありえる世の中になって参りました。

国民の皆さんは、かなりお怒りモードですよ!

スポンサーリンク

事故の概要は?

文書管理をめぐっては国土交通省でもミスが発覚しました。外部に決して漏らしてはならない文書について、役所では「機密」と書いておくのですが、あろうことか、その機密と書かれた文書が大量に道路に散らばっていました。
JNNニュースより引用

ありえんやろー!ほんまにー!!

機密文書とは?

“秘密性を保持する必要がある書類”のことですね!

今回、路上に落ちている書類には《機密性2情報》と書かれているものもあったそうです。

この《機密性2情報》の書類の意味は、『漏洩によって、国民の権利が侵害される情報』とのことです。

通常、会社でも『機密文書は、鍵のかかるキャビネットや金庫』などにしっかりと保管されているはずですし、保管期限を過ぎたものは『シュレッダーにかける』のが現在の方法と思われます!

もちろん、廃棄文書などが大量の場合にはシュレッダーではかなりの時間がかかると思いますので、ダンボールなどに入れて専門業者へ『溶解処理』を委託する場合もあると思います。

今回は道路上で散らばってしまったとのこと!業者が運搬中に落としてしまった可能性が高いのでしょうか…?ダンボールに入れた後、頑丈に封をしなかったのでしょうか??

スポンサーリンク

今回、機密文書発覚までの流れと詳細…?

【発見日時】

4/2(月)お昼0時20分頃

【発見場所】

大阪市北区西天満の交差点

【誰が?】

通行人から航空局への通報で発覚

【目撃者:通行人の話】

路上に紙がぐちゃぐちゃに落ちていた。冊子みたいなもの。写真や図面も入っていた。

【散乱した原因】

職員が一般廃棄物として出した書類が、運搬中の収集車の荷台から落ちた可能性有。

【文書の中身】

航空局と気象台が作成した、約840枚の機密文書と個人情報が入っている文書

職員の氏名や緊急時の連絡体制、航空機事故の対応マニュアルなども含まれていた。

ネットの声!

なんか
普通に考えれないんですが
やる気の無い人ばかりでは?
シュレッダーにかけない
機密文書なんて、普通の
書類すらかけるぞ、
こんなんで個人情報なんて
守れる訳が無い。
yahoojapanニュースより

なんか省庁も意外とずさんだね

でも改竄とずさんなのは別問題だけどね

これはこれで解決して改竄は改竄でしっかり解決して先に進みましょう
yahoojapanニュースより

民間には書類の管理についていちいちうるさいのにいざ官庁となると指摘する部署が無いのかずさんな管理をしていることが露呈した。
yahoojapanニュースより

本来はシュレッダーで一次処理するが、年度末に未処理が見つかって燃やせ燃やせと慌てて丸投げした結果、とかか?
yahoojapanニュースより

「ここを削除」とか、「ここをこう書き換え(官邸から指示)」とか、改竄途中の原稿も持ってかれちゃったかもよw
yahoojapanニュースより

なんでも、惑星たちが今年2018年から数年かけて、いくつもの大惑星が移動をするそう!

惑星が動くときには、世の中も影響を受けるのですって!

特に2020年は大転換期と呼ばれているらしいです。

《隠していたことなども明るみに出る!》とのことなので、機密文書の散乱も惑星の影響を受けたのかしら?

今後は、同様のことが起こらないようにしっかり準備や対策をお願いしますね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする