千葉の幸福の神様ビリケンさん!壊され、倒れていました…(涙)

アメリカ生まれの《幸福の神様:ビリケンさん》の石像が倒れていることが発覚しました。

100年以上前の大正2年に、千葉県流山市に建立されたものです。

なんてことでしょう……。さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

事件の概要は?

千葉県流山市で、100年以上も前に建立され幸福の神様と親しまれてきた「ビリケンさん」の像が壊されていたことがわかりました。警察は器物損壊などの疑いで調べています。

流山市によりますと、今月2日夜、流山市東深井の運河沿いに設置されていた、幸福を呼ぶ神様とされる「ビリケンさん」の石像が倒れ、顔の一部や背中が壊れているのが見つかりました。また、像の前に置かれていた、さい銭箱がなくなっていたということです。

この「ビリケンさん」は、今から100年あまり前の、大正2年に建てられ、雨よけの「ほこら」が完成した先月24日には、市の「幸福大使」としてお披露目されたばかりでした。

市はすでに被害届を提出していて、警察は器物損壊・窃盗事件とみて、いきさつを詳しく調べています。
出典;JNNニュース

この痛々しいお姿を見て下さい(涙)

なんだか削り取られたような感じもしますけれど。。

そもそもビリケンさんて?

1908年頃にアメリカで生まれたようです!

その後、明治45年に大阪の通天閣に「ビリケン堂」が造られたとのこと。

『足の裏』をなでるとご利益があるんだそう!!

こちらが、本家本元のビリケンさん♪


ビリケンさん公式サイト

スポンサーリンク

事件の詳細と流れは?

【発見日時】

4/2(月)夜

【発見者】

利根運河交流館職員:小名木紀子さん(55歳)

【状況】

石の台座から分離して後ろに倒し落とされていた。そして、像の前のさい銭箱もなくなっていた。


出典;JNNニュース

【現在どこへ?】

利根運河交流館にて保管中とのこと。

こちらが利根運河交流館の場所です。国土交通省江戸川河川事務所:運河出張所の1階とのことです。

発見者の小名木紀子さんは、発見した夜はショックで眠れなかったそうです。

ネットの声!

他人のものや公衆トイレを壊したがるバカはどこにもいるな
yahoojapanニュースより

お賽銭が少なかったので神様に八つ当たりしたのか?こんな事する人間その内、罰が当たるわ。
yahoojapanニュースより

壊す意味がわからん
yahoojapanニュースより

お賽銭盗んでビリケンさん壊すとは、とんでもない罰当たりな。
yahoojapanニュースより

顔の形は少々不思議な形ですね。栗の形のような、水の雫のような形のような…。

表情は微笑んでいるようで、癒されます~♪

それなのに…。。おでこから鼻辺りが削り取られている感じでしょうか…(涙)

しかし!しかし!朗報が届きました~♪

そうなんです!この悲しい事件を知った『大阪の団体:ビリケン事務局』から全身がキンキン金色の『ビリケン像』を無償で送ってくださるそうなのです!!

これでひとまず安心ってところでしょうか!

このような多くの人を悲しませる悪戯は、ご遠慮願いたいものですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする